「重要な勝利」「偉大なこと」 メッシが敵地クラシコ3-0快勝に喜び露わ

1得点1アシストでレアル撃破に貢献 試合後にフェイスブックを更新

 

 首都マドリードを舞台に行われたエル・クラシコ第1戦は、バルセロナの3-0勝利に終わった。敵地で勝ち点3を持ち帰る原動力となったのは、2点目のPKを決めたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだが、試合後に自身のフェイスブックで「重要な勝利だった」と記している。

 

 レアルが1試合少ないとはいえ勝ち点差11、そして史上初のデーゲームで実施されたクラシコということもあり、今回の一戦は普段とは違う様相を呈した。前半はレアルのハイプレスの前にメッシがボールを持つ場面は少なかったが、後半に入ると徐々にバルサの攻撃が機能し始める。

 

 後半9分に鮮やかなカウンターからウルグアイ代表FWルイス・スアレスが先制点を奪うと、その10分後には波状攻撃でレアルDFダニエル・カルバハルのハンドを誘いPKを得る。このキッカーを務めたメッシが渾身の左足キックでGKケイラー・ナバスが伸ばした手を破る一撃を決めた。そして後半アディショナルタイムには、メッシのラストパスから途中出場のDFアレイクス・ビダルが3点目を決めて勝負あった。

 

 大一番で2得点に絡み、自身のクラシコ通算得点数も25ゴールとしたメッシ。30代で迎える初めてのクラシコでも、その才能を見せつける形となったが、自身のフェイスブックで次のように喜びを露わにしている。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング