岡崎スタメン落ちの“リスク” レスター監督の采配を英紙が再び糾弾「疑わしい」

クリスタル・パレス戦で2戦ぶりベンチスタート チームの6試合ぶりの黒星を喫する

 FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、4連勝中と調子を上げるなかで現地時間16日の第18節でクリスタル・パレスと対戦。しかし、退場者を出すなど低調なパフォーマンスで0-3と完敗した。2試合ぶりにスタメンを外れた岡崎は後半32分から途中出場となったが、英メディアは絶好調なはずの侍ストライカーのベンチスタートについて「リスキー」「疑わしい」などと報じている。

 レスターは前半19分にベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケに先制ゴールを許すと、同40分にコートジボワール代表FWウィルフレッド・ザハに追加点を奪われた。0-2で迎えた後半16分には、中盤のキーマンであるMFウィルフレッド・エンディディが退場。同32分に前節サウサンプトン戦でゴールを決めた岡崎とMFアンディ・キングの二人を投入したが、数的不利をはね返すことはできず。アディショナルタイムにも失点し、0-3で6試合ぶりの黒星を喫した。

 岡崎は今季、出場118分に1得点というハイペースで6得点をマーク。得点以外にもエースのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの背後にポジションを取り、攻撃の起点となるポストプレーや献身的な守備が光る。クリスタル・パレス戦で岡崎不在だったレスターは前線に収めどころが見つからず、単調な攻撃が目立った。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング