クロップ監督率いるリバプール、元スペイン代表GKカシージャスと仮契約報道

“聖イケル”とも呼ばれた実力者、自身初のプレミア上陸なるか

 元スペイン代表GKイケル・カシージャスは、レアル・マドリード退団後にポルトガルのFCポルトでプレーしていたが、来季にプレミアリーグでプレーする可能性が浮上しているという。スペイン紙「AS」などが報じている。

 カシージャスはポルトとの契約延長オプションを行使しないと報じられるなか、ユルゲン・クロップ監督が率いるリバプールが獲得に乗り出しているという。クロップ監督の補強リストにはGKの名前が記載されており、それがカシージャスであると見られている。

 そして、同紙はすでにカシージャスとリバプールが仮契約にサインしているとも報じている。

 スペイン代表やレアルでのゴールキーピングから“聖イケル”とも呼ばれた実力者は、20日に36歳となり、キャリアも終盤に差し掛かっているが、自身初のプレミア上陸ということになるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング