レバンドフスキが独王者と2021年まで契約延長! バイエルンCEO「世界最高のCFの一人」

ギネス記録も持つ昨季ブンデス得点王との契約を2年間延長

 バイエルン・ミュンヘンはポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキとの契約を、2年間延長したことを公式発表した。ギネス記録を持つ世界屈指のストライカーとの契約は2021年6月末までとなった。

 レバンドフスキは2014年にライバルのドルトムントから5年契約で加入。ドルトムントでのラストシーズンだった2013-14シーズンと15-16シーズンにブンデスリーガ得点王を獲得。15年9月22日のヴォルフスブルク戦では後半から途中出場して5得点を挙げ、「ブンデスリーガ最速5得点」など4部門でギネス記録に認定されるなど圧倒的な決定力を備え、バイエルンでは公式戦122試合出場で86得点を挙げている(12月13日時点)。

 バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは「世界最高のセンターフォワードの一人と長期契約を結ぶことができて幸せだ。新たなキープレーヤーがさらに数年間、FCバイエルンのユニフォームを身に着けることが確定した」と、チーム最大の得点源の契約延長に満足感を示している。

 “銀河系軍団”の強化を目論むレアル・マドリードのトップターゲットの一人とも言われていたレバンドフスキの流出阻止に成功したバイエルン。昨季は史上初のリーグ4連覇、迎えた今季も首位を走るなど盤石の強さを見せている。28歳と選手としてのピークの真っ只中にいるエースは、今後もドイツ王者のためにゴールを量産することになりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング