「今の応援、本当に意味あるのか」 Jリーグの声出し規制でファン離れ実感、湘南ゴール裏サポーターの胸中

選手たちを応援でを支える湘南サポーター【写真提供:髙橋 修】
選手たちを応援でを支える湘南サポーター【写真提供:髙橋 修】

【Jサポーターの声#2】湘南サポーターグループ・髙橋さんに訊くコロナ禍の応援規制への本音

 Jリーグは、コロナ禍の応援規制緩和策として「声出し応援エリア/声出し応援席」の段階的な導入に踏み切った。いわゆる“スタンダード”な応援スタイルを取り戻す兆しが、日本でもようやく見えつつあるなか、コロナ禍の応援規制にJリーグのサポーターは何を思ってきたのか。J1湘南ベルマーレのサポーターグループで中心的な役割を担う髙橋修さんに話を訊いた。(取材・文=FOOTBALL ZONE編集部・橋本 啓)

   ◇   ◇   ◇   

 髙橋さんはもともと野球少年だったが、学生時代から湘南サポーターの1人として足繁くスタジアムへ通った。「『練習終わったー、じゃ行こう』という感じだったのが、野球を辞めたタイミングで毎試合行けるようになって、今に至っています」。サポーターグループの一員になったのは、今から12年前の2010年。その6年後には、中心的な立場になった。

 社会人になった現在は、塾講師として働く日々を過ごしながら、試合のある日はスタジアムのゴール裏に出向く。「試合を観に行けるのに、家でテレビから観ているって凄く気持ち悪いというかもやもや、ざわざわしているように感じるようになっちゃって。今となってはスタジアムへ行くのが普通ですよね」。現地でしか味わえないムード、そこから得られる感情を味わうことは、今の髙橋さんには欠かせない。

 しかしそんな日常は、コロナ禍で劇変。感染防止対策としてスタンドでは声援を禁じられる日々が、ここ2年続いてきた。応援規制が敷かれた当初は、手拍子や太鼓を叩くことさえも許されず、選手の息づかい、ボールを蹴る音が静寂のスタジアムで響き渡った。

 ある意味で新鮮ではあるものの、ピッチで戦う選手たちを声援で後押しすることが、いわば、生活の一部となっていた髙橋さんは、応援規制をどう受け止めてきたのか。

「最初は『しょうがないよね』って。やっぱり世の中が一気にそういう方向に進んでいったので。でもよく考えたら、太鼓を叩いちゃいけないとか、手拍子をしちゃいけないとか、正直そのルールは意味が分からなかったですよ。

 テンション上がっちゃうからというのは分かりますけど、そのテンションの上げ・下げをしに行っているはずなのに、そこをぎゅっと抑え込まれているのって『すげぇ変だよな』っていうのは感じていました」

 応援から自由が奪われると、スタンドの光景も一気に変わった。長年、ともにチームを応援してきた仲間の姿が消え、声援が禁じられたことによって若者の姿も久しく見ていない。

「今までの楽しみがなくなれば『もういっか』ってなってほかの娯楽に行っても全然おかしくない。ウチなんかは強豪チームではないし、むしろ、試合に行ってさらにストレスを溜め込んで週を明けるとか普通にあるので、そういうことを考えると『どうなんだろう』って思っちゃいますね」と、髙橋さん。ファン離れが進む現状を憂いながら、さらに複雑な思いをぶつける。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」