“パリ五輪世代”のU-21日本代表、“海外組”チェイス・アンリ&斉藤光毅ら「大注目7人」厳選

(左から)斉藤光毅、鈴木彩艶、松岡大起、チェイス・アンリ【写真:Getty Images】
(左から)斉藤光毅、鈴木彩艶、松岡大起、チェイス・アンリ【写真:Getty Images】

【識者コラム】U-23アジアカップの招集メンバーから注目の7人をセレクト

 大岩剛監督が率いる“パリ五輪世代”のU-21日本代表はウズベキスタンで行われるU-23アジアカップに向けて21人のメンバーを発表した。残り2人に関しては候補選手のコンディションなどをチェックして選ぶようだが、海外組も含む精鋭たちの中でも大注目の7人をピックアップした。

■斉藤光毅(MF/ロンメルSK/ベルギー)

 このチームのエース候補筆頭であり、前回のドバイカップU-23に引き続き、10番を託される予想される。もともとドリブル突破力に優れるアタッカーだが、フィニッシュに磨きをかけているのは明らかだ。ベルギーではしばらく怪我に苦しんでいたようだが、ロンメルではドバイカップ合流直前にダイビングヘッドでのゴールを決めて復活の狼煙をあげた。

 そしてリーグ戦の最終節では後方からのロングパスをセンターバック2人に挟まれながらコントロールして、右足でゴール。怪我の離脱がありながらもシーズン5得点目を記録した。アシスト能力も高く、周りとイメージを共有するほどに輝きを増すタイプで、FW鈴木唯人(清水エスパルス)やFW細谷真大(柏レイソル)との共鳴にも期待だ。

■松岡大起(MF/清水エスパルス)

 この世代におけるリーダーの中のリーダーであり、彼がいるといないとではオン・オフ両面で、チームがまったく違うはず。大岩監督は「キャプテン候補は何人もいますので、ゲームに出る出ないも見ながら、試合の直前に決めながら、選手に伝えていきたい」と語る。実際にMF藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)やDF西尾隆矢(セレッソ大阪)などキャプテン候補はいるが、やはり筆頭格だろう。1月にA代表の合宿にも同僚の鈴木らと招集されたが、その後の怪我で出遅れ、前回の合宿も招集されながら直前に辞退となった。

 それでも25日のFC東京戦では先発フル出場。チームはMF松木玖生を擁するFC東京に0-3と敗れたが、コンディションのアップは印象付けており、アジアの舞台で重要な役割を担っていく期待が高い。ボールを奪う能力やバランスワークはもともと特筆に値するが、本人も課題に挙げる攻撃面での貢献力を高めている。大岩監督が4-3-3を採用する場合はアンカーを担うと見られる。

■チェイス・アンリ(DF/シュツットガルト/ドイツ)

“日本のファン・ダイク”を目指す才能が“欧州組”としてU-21代表に帰ってくる。抜群の身体能力や恐れを知らないオーバーラップは必見。観る者を引きつける要素に溢れるタレントがドイツに渡った短い期間で、どれだけ成長しているかを確認できる機会となる。

 2001年生まれを中心としたチームで唯一の04年生まれであり、良くも悪くも粗削りなところは攻守に見受けられた。同じシュツットガルトで昨夏から在籍する日本代表DFの伊藤洋輝が「つえー奴しかいない」と語っていたドイツの地で、U-23ながらどういう経験をして代表に合流してくるのか。今回も西尾やDF鈴木海音(栃木SC)、DF馬場晴也(東京ヴェルディ)とセンターバックの強力なライバルたちと良い競争をしながら、国際舞台でディフェンスの中心になっていける資質を示してほしい。

page1 page2 page3

河治良幸

かわじ・よしゆき/東京都出身。「エル・ゴラッソ」創刊に携わり、日本代表を担当。著書は「サッカーの見方が180度変わる データ進化論」(ソル・メディア)など。NHK「ミラクルボディー」の「スペイン代表 世界最強の“天才脳”」を監修。タグマのウェブマガジン「サッカーの羅針盤」を運営。国内外で取材を続けながら、プレー分析を軸にサッカーの潮流を見守る。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」