久保、堂安ら「ずっと出られない可能性も」 V字回復の森保ジャパン…変化した“起用基準”を金田喜稔が指摘

東京五輪では主力として活躍した堂安、久保【写真:Yukihito Taguchi & AP】
東京五輪では主力として活躍した堂安、久保【写真:Yukihito Taguchi & AP】

驚異的なV字回復を見せた森保ジャパン「一番は4-3-3へのシステム変更だ」

 森保一監督率いる日本代表は、3月24日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第9節オーストラリア戦で2-0と勝利し、敵地で7大会連続のW杯出場を決めた。「天才ドリブラー」として1970年代から80年代にかけて活躍し、解説者として長年にわたって日本代表を追い続ける金田喜稔氏が最終予選のターニングポイントを分析。MF堂安律(PSV)、MF久保建英(マジョルカ)らの出場機会が減る可能性も指摘している。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

   ◇   ◇   ◇

 日本はアジア最終予選初戦でオマーンに0-1と敗れて黒星発進。第2節で中国に1-0と勝利するも、第3節でサウジラビアに0-1と再び敗れ、序盤3試合で2敗を喫して一時グループ4位と苦戦を強いられた。

 金田氏は最終予選の歩みを振り返り、「序盤は厳しい戦いを強いられたなか、森保監督は解任も覚悟しながら腹をくくったのだろう。本当によく乗り越えたと思うし、彼を支えた日本サッカー協会の働きも称賛したい」と称えた。

 日本はホームでの第4節オーストラリア戦で2-1と勝利し、そこから勝利を積み重ねると、敵地オーストラリア戦でも白星を手にしてW杯出場の切符を手にした。6連勝と驚異的なV字回復を見せた森保ジャパンのターニングポイントはどこだったのか。金田氏は「一番は4-3-3へのシステム変更だ」と指摘する。

 第4節のオーストラリア戦、森保監督は継続してきた4-2-3-1システムから4-3-3システムへと変更。中盤にMF守田英正(サンタ・クララ)、MF田中碧(デュッセルドルフ)を抜擢し、負けられない一戦で大胆な一手を打つと、その田中が代表初ゴールを決めて勝利を手繰り寄せた。

「それは単なるシステム変更以上の意味があり、選考基準を思い切って割り切った結果だと考えている。それまでの日本は、ハードワークをベースにしながら、球際で戦えるという強さを求めていた。しかし、あの時(第4節)からボール奪取力も重視した。ハードワーク、球際で戦える強さ、そしてボール奪取力。この3つが揃っているかどうかが選考基準になったと思う」

page1 page2 page3

金田喜稔

かねだ・のぶとし/1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表にデビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」