「このままではダメ」 長谷川唯が考える世界との差…なでしこジャパンに足りない「個人としての戦術理解」

なでしこジャパンMF長谷川唯が女子アジア杯を振り返った【写真:Getty Images】
なでしこジャパンMF長谷川唯が女子アジア杯を振り返った【写真:Getty Images】

【インタビュー】敗れた中国戦「『勝てたな』というのが、の終わってからの感想」

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、女子ワールドカップ(W杯)予選を兼ねた女子アジアカップをベスト4で終えた。来年、オーストラリアとニュージーランドで共同開催される女子W杯の出場権を獲得した一方、期待された大会3連覇は達成できなかった。

 池田太新監督が就任して、対外試合を行えないなかで迎えた最初の大会で、イングランドのウェストハム・ユナイテッドに所属するMF長谷川唯は4試合に先発出場し、日本の攻撃を牽引する活躍を見せた。

 準決勝敗退後、すぐにイングランドに戻った長谷川は、この大会を通じてどのような感触を得たのか。後編では、PK戦の末に敗れた準決勝の中国戦(2-2/PK3-4)を振り返るとともに、来年のW杯へ向けたなでしこジャパンの課題や意気込みを聞いた。(取材・文=FOOTBALL ZONE編集部/全2回の2回目)

   ◇   ◇   ◇

――無事に女子W杯の出場権を獲得して、中国との準決勝を迎えました。PK戦に行くまでに2回リードを奪いながらも、追い付かれてPK戦で敗れています。この試合は、どういう印象が残っていますか?

「言い訳にはなってしまうのですが、本当に『勝てたな』というのが、終わってからの一番の感想ですし、今でも、そう思います。でも、中国の強いところ、ワンチャンスで決め切る力、負けている時のメンタルは、やっぱり見習うべきというか、絶対に自分たちにも必要なものです。ヨーロッパの相手との試合では、ボールをなかなか持てない時間を経験してきましたが、この先の戦いでは先制される試合も出てくると思います。その時に、ああやって最後まで食らい付くことを、諦めずに追い付くことを、自分たちがやる試合も出てくると思います。そこも1つ勉強になりました。勝たなければいけない試合だったのはもちろんですが、負けたことを次に生かせるように考えています」

――中国戦でリードが守れなかったのは、やられた守備、ボールの保持の仕方、逃げ切るための意思統一、最も課題だと感じるのはどこでしょうか?

「まず1-0で勝っている状況のなかでは、後半の立ち上がりのところで失点しました。失点してはいけない時間帯でしたが、そこでは『攻めて2点目を狙いにいくなかでも失点はゼロに抑える』という考えは、全員の意思統一ができていたと思います。そのうえでのプレーのところで、失点をしてしまったと思います。

 延長戦で2点目を決めてからは、監督が選手交代で守備の選手を入れていたので、全体として、どういうプランで行くかは、はっきりしていたと思います。それでも上手く抑えられなかった。私がクリアしようとしたところで、しっかりクリアできていればという思いもあるのですが、それ以外の部分でも、中に人数が多いなかで点を決められてしまいました。

 リードをした時の日本のプランとして、どれが正解なのかは、今も分かっていません。これがヨーロッパのチームであったら、もっとパワーのある選手が入ってきますし、最後の時間帯で守り切れるのかも含めて、考えなければいけません。それでも、ボールを保持して、しっかり回しながら、ハーフラインより前でボールを保持できる時間を作れば、事故みたいな失点もなくなると思います。ただ、ボールを保持しようとするのか、引いて守り切ろうとするのか、どちらがいいかは、チームとしてしっかり話し合わないといけない部分だと思います」

――そこは話し合って決めることだけで解決するものなのでしょうか。それとも、実戦で確かめて、成功体験を重ねないといけないものでしょうか。

「ああいう場面は、なかなか実戦では起きにくいのですが、今回、それが起きて、どうするかの意思統一ができていたなかで失点してしまいました。このやり方でDFの人は厳しくないのか、次にこういう試合展開になった時は、最後のギリギリの時間帯までボールを動かそうとしてみるのか。そこを感じ取るために実戦も必要だと思います。日本人の体格、プレースタイルを考えると、ボールを持つのがいいのかなと感じるので、そこはまた次に生かしたいと思います」

――なでしこジャパンは、ボールを保持できるところを強みとしてきましたしね。

「はい。あの試合に関しては、まだそこまでパワープレーに来られていなかったなという印象が、自分自身にもありました。もっと前に力をかけてこられる状況になったら、みんなで守ることも仕方がない部分はあると思うのですが、もう少し落ち着いてボールを回すこともできたのかなと思います」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  9. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」