「ヴェルデネロが帰ってきた」 J3相模原の新ユニフォームデザインが話題「カッコイイ!」

J3相模原が2022シーズンの新ユニフォームを発表【写真:S.C.SAGAMIHARA】
J3相模原が2022シーズンの新ユニフォームを発表【写真:S.C.SAGAMIHARA】

緑×黒のストライプに原点回帰

 J3のSC相模原は1月13日、2022年シーズンの新ユニフォームデザインを発表。ヴェルデネロ(イタリア語で緑と黒)の復活に、ファンから歓喜の声が上がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 相模原は昨季、J2リーグで19位(8勝14分20敗)に終わり、J3降格が決定。元日本代表DF水本裕貴を補強するなど、1年での昇格に向けて重要なシーズンに備える。

 そのなかで、1月13日に新シーズンの背番号とユニフォームデザインが発表。デザインコンセプトは「2022シーズンへ向けて、ホームタウンの⼈とまちのエネルギーを⼒に変え、さらなる挑戦によって上へと向かってゆく新たなスタートの年とするため、クラブの原点であるエンブレムデザインをベースに、これからの道のりをストライプで表現しました。前⾯中央の5本のラインは、ホームタウンである相模原市、海⽼名市、座間市、綾瀬市、愛川町を表しています」と説明している。

 モデルはMF安藤翼とGK⽵重安希彦が務めているが、一番の特徴はフィールドプレーヤー仕様のユニフォームは緑と黒のストライプが復活したこと。クラブ公式ツイッターには、ファンから「カッコイイ!」「やっぱりこのカラーリングの組み合わせが最高」「緑黒かっこえぇ」「ヴェルデネロが帰ってきた」と歓喜の声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」