高校サッカー選手権、第100回大会「タレント格付けランキング」 全国の大舞台で輝いた10人は?

(左から)森田大智(大津/3年)、松木玖生(青森山田/3年)、古川陽介(静岡学園/3年)、鈴木章斗(阪南大高/3年)【写真:Getty Images & 小林 靖 & 関 臨】
(左から)森田大智(大津/3年)、松木玖生(青森山田/3年)、古川陽介(静岡学園/3年)、鈴木章斗(阪南大高/3年)【写真:Getty Images & 小林 靖 & 関 臨】

今大会での活躍度&ポテンシャルを踏まえ「格付け」、16強以上のチームから10人選出

 高校サッカー選手権の第100回大会は、青森山田(青森)の3大会ぶり3回目の優勝で幕を閉じた。記念すべき選手権をより一層盛り上げたのは、将来性豊かなタレントたちだ。前評判通りのインパクトを放った者、そうでなかった者もいたなか、ここではベスト16以上に勝ち上がったチームの中から今大会での活躍度&ポテンシャルを踏まえ、独自に「格付け」。タレント10人をランキングとして紹介する。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

【10位】 鈴木章斗(阪南大高/FW/3年)
湘南ベルマーレ加入内定
大会成績:3試合7得点

強烈なシュートにはパンチ力があり、スマートなゴール、シンプルなワンタッチゴールも奪取するなど、ゴールパターンは実に多彩。2回戦の奈良育英戦で5ゴールと大暴れしたストライカーは、3回戦の青森山田からもゴールをこじ開け、計7ゴールで大会得点王に。プロ入り後もさらに進化を遂げそうだ。

【9位】 林晴己(高川学園/MF/3年)
大会成績:5試合3得点

独特のセットプレー「トルメンタ」で注目を集めた高川学園は組織力も非常に高かった。そのなかで変幻自在なドリブルと強烈なミドルシュートを持つ彼の存在は際立っていた。相手に囲まれても難なくボールを前に運び、マークをすり抜けていく。トップ下、サイド、FWでもプレー可能で、攻撃に変化をもたらしていた。

【8位】 丸山大和(青森山田/DF/3年)
大会成績:5試合4得点

大会4ゴールはすべてヘッドから。シーズンを振り返っても全国大会公式戦で11ゴール中すべてがヘディングシュートという驚異のヘディンガー。179センチと決して上背があるほうではないが、タイミング、質、空中での姿勢どれもがパーフェクト。守備面でも対人の強さとシュートブロックの上手さを発揮して、今大会2失点で切り抜けた。

【7位】 阪田澪哉(東山/MF/2年)
大会成績:3試合1得点

縦に切り裂くドリブルは青森山田(準々決勝)を多いに苦しめた。もともとは突破型のドリブラーだったが、今大会は自陣でボールを奪ってから相手陣内へ運ぶドリブルの質が高かった。時間とスペースを作り出すことで、逆サイドや2トップの飛び出しを引き出し、攻撃にバリエーションを加えた“東山の閃光”。

【6位】 森田大智(大津/MF/3年)
大会成績:5試合0得点

準々決勝で負った怪我の影響もあってか、決勝ではベストパフォーマンスとは言い難かった。それでも、中盤で「浮遊」しながら巧みにボールを集約し、全方向にパスを配球するパフォーマンスは圧巻だった。ボールを受ける時も良い意味で脱力しており、相手が予測しづらいテンポを生む。まさにチームの心臓だった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング