セルティック英雄が絶賛、「感銘を受けた」日本人選手は? 「クオリティーは疑いの余地がない」

セルティックの井手口陽介、旗手怜央、前田大然【写真:Getty Images】
セルティックの井手口陽介、旗手怜央、前田大然【写真:Getty Images】

ケニー・ダルグリッシュ氏、FW前田大然へ注目「爆発的な何かを加えてくれる」

 スコットランドの名門セルティックは今冬の移籍市場で日本代表FW前田大然、FW旗手怜央、MF井手口陽介の3人を一挙に獲得。昨夏に加入したFW古橋亨梧を含め、これで日本人選手が4人在籍することになった。クラブの英雄である元スコットランド代表FWケニー・ダルグリッシュ氏は新加入トリオでも、とりわけFW前田の存在に注目しているという。

 ダルグリッシュ氏はセルティックとリバプールの両クラブで活躍した名ストライカー。それだけにやはりFWのプレーには目を光らせているようだ。英紙「ザ・サンデー・ポスト」のコラムで「新しい日本人ボーイズのうち、少なくともダイゼン・マエダのクオリティーは疑いの余地がない」と2021シーズンのJリーグ得点王を獲得した前田へ賛辞を送っている。

「YouTubeで彼のゴールをいくつか見たが、非常に感銘を受けたと言わざるをえない。彼はペナルティーボックスのプレデター(捕食者)で、セルティックで素晴らしい選手になるための特性をすべて持っているように感じた。アンジェ(・ポステコグルー)は彼と一緒に仕事をしていたので彼のクオリティーをよく知っている。彼はフープス(セルティックの愛称)のタイトル争いにおいて他の選手とは違う、爆発的な何かを加えてくれる選手だろう」

 抜群のスピードと運動量、そして横浜F・マリノスで磨きをかけた決定力を武器に2度目の海外挑戦を果たす前田。早くもセルティックのレジェンドからお墨付きをもらったが、その期待に応えることができるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング