シティの“巨額補強”巡り「クロップ対ペップ」の舌戦勃発 「何が問題なんだ?」

クロップ監督とグアルディオラ監督が舌戦【写真:Getty Images】
クロップ監督とグアルディオラ監督が舌戦【写真:Getty Images】

クロップがシティの補強資金を「無制限」と指摘、オーナーの姿勢の違いとペップ反論

 今シーズンも白熱した優勝争いが予想されるプレミアリーグだが、ピッチ外では監督同士が早くも熱い火花を散らしている。マンチェスター・シティの補強を巡って、リバプールのユルゲン・クロップ監督が「彼らは無制限」とコメントしたことに対し、ジョゼップ・グアルディオラ監督が反論した。英紙「デイリー・メール」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今夏、プレミア王者のシティはアストン・ビラからイングランド代表MFジャック・グリーリッシュをイングランド史上最高額となる1億ポンド(約152億円)で獲得。背番号10を託して、チームの中心選手として期待されている。さらに、シティはトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインにも触手を伸ばしているとされ、その移籍金は再びイングランド史上最高額を更新することが確実視されている。

 また、UEFAチャンピオンズリーグ王者のチェルシーも、インテルからベルギー代表FWロメル・ルカクを獲得。その際には、9750万ポンド(約148億円)が支払われたと報じられており、グリーリッシュの移籍がなければ、こちらも英国史上最高額だった。

 こうした状況でリバプールのユルゲン・クロップ監督は、「私たちは自分たちが得た金額を使うことができる。だが、彼らは無制限だ」と口にし、クラブ間で予算が違いすぎると指摘した。

 この発言に対し、グアルディオラ監督はクラブがファイナンシャル・フェアプレーのルールを守っていることを強調し、「何人かのオーナーは、利益を得ようとしている。私たちのオーナーは、利益を求めていない。彼らがチームに投資しないのに対して、私たちは可能な限りの投資を行っているまでだ。これまでは1チームか2チームしかなかった。でも、今はチェルシーにロマン・アブラモビッチ氏がいて、私たちのクラブにはシェイク・マンスール氏がいる。彼らはサッカーに金を使いたいと思っている。それの何が問題なんだ? 私たちはファイナンシャル・フェアプレーの制限がある。もし、それでも納得できないなら、裁判を起こせばいい」と、オーナーの姿勢による違いだと反論した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング