女子米代表、準決勝で敗れる カナダに0-1敗戦…2大会ぶり金メダル獲得を逃す

アメリカ代表はカナダ代表に敗れ決勝進出ならず【写真:Getty Images】
アメリカ代表はカナダ代表に敗れ決勝進出ならず【写真:Getty Images】

過去4度の金メダル獲得を誇る優勝候補アメリカ、PK献上で惜敗

 東京五輪サッカー女子の準決勝アメリカ対カナダの一戦が2日、カシマスタジアムで行われ、過去4度の金メダル獲得を誇るアメリカがカナダに0-1で敗れた。

 アメリカは準決勝でオランダをPK戦の末に下してベスト4へ進出。立ち上がりから押し気味に試合を展開したが、カナダの組織的な守りを崩せず、前半30分にはGKアリッサ・ネイハーを負傷で欠くアクシデントにも見舞われる。

 後半に入りFWメーガン・ラピノーらを投入し打開を図るも、逆に同74分、ペナルティーエリア内での接触プレーがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によりファウルと判定されPKを献上。これをMFジェシー・フレミングに決められ先制を許す。

 その後も反撃に出たものの、1点が遠かったアメリカは0-1のまま敗戦。2012年のロンドン五輪以来、2大会ぶりの金メダル獲得を逃した。一方、過去最高成績が3位のカナダは初の決勝進出となった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング