「久保以上に素晴らしい!」 2連勝の日本、中国人記者が絶賛したキーマンは?

久保建英の2戦連続得点もあり、勝利を重ねるU-24日本代表【写真:Getty Images】
久保建英の2戦連続得点もあり、勝利を重ねるU-24日本代表【写真:Getty Images】

【中国が見た日本サッカー】中国人記者は久保の実力を認めつつ、遠藤航を高評価

 日本のサッカーファンの皆さま、初めまして。中国サッカーメディアにて活動をしている久保田嶺です。中国サッカーの魅力、関係者の思い、ファンの素顔などを、これから皆さまへ届けていけたらと思います。

 カタール・ワールドカップ(W杯)最終予選の抽選会が7月1日に行われ、日本と中国が同じグループBに入りました。サッカーが好き、なおかつ中国も好きという私にとって、この抽選結果は今年最大の喜びでした。それからというもの、ずっと興奮しています。

「本気の日本代表との試合が見られるのは、いったい何年ぶりだろう。久保(建英)選手、冨安(健洋)選手……、アジアサッカー最強チームとの試合が心から楽しみです」

 これは組分け抽選会の同日、私へ寄せられた中国サッカーファンからの言葉です。彼らは、W杯常連国になり、代表選手の多くがヨーロッパでプレーする日本サッカーを非常に尊敬しています。実は、Jリーグと中国スーパーリーグは1993年発足と94年発足と、わずか1年違いでスタートしました。しかし、この20年にも満たない時間で、なぜこのような差がついてしまったのか。それに憤慨しているファン、原因を追究しているサッカー関係者も数多くいます。

 さて、初回となる今回は、東京五輪で好スタートを切った日本の男子サッカーを、中国はどう捉えているのかについて書きたいと思います。

 まず中国ですが、出場は女子チームのみで、男子チームは五輪予選を兼ねたU-23アジア選手権で3戦全敗を喫し、本大会に出場できませんでした。当時、中国紙「新民晩報」が「東京オリンピック予選、1ゴールもできず、1ポイントも獲得できず、3戦全敗!」と厳しく報じ、私も東京で日本対中国の一戦が実現しないことを非常に悔しく思ったのを覚えています。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド