「最精鋭メンバーを総出動」 日本の勝利に韓国メディア注目「ホンジュラスを圧倒した」

日本代表がホンジュラス相手に3得点を奪い勝利【写真:Getty Images】
日本代表がホンジュラス相手に3得点を奪い勝利【写真:Getty Images】

ホンジュラスと東京五輪で同組の韓国メディアが試合結果に注目

 U-24日本代表は12日、東京五輪の初戦を10日後に控えてU-24ホンジュラス代表との国際親善試合に臨んだ。前半にDF吉田麻也とMF堂安律のゴールで2点をリードし、後半に1点を返されたものの堂安の2点目で3-1と勝利。この結果を受けて、韓国の総合ニュースサイト「news1」は日本が「心地良い勝利を手にした」と伝えたうえで、本大会を想定して「最精鋭メンバーを総出動させて模擬試験を行った」と注目している。

 日本にとっては本大会で同組に入ったメキシコを想定した一戦だったが、立ち上がりから攻勢を強めると前半13分にMF久保建英のFKから吉田がゴールを決めて幸先良く先制。さらに同40分には、相手のパスをカットしたDF冨安健洋が味方にパスを預け、左サイドに攻撃参加する。久保からパスを受けた冨安がゴール前にボールを入れると、FW林大地のポストプレーから最後は堂安が右足でシュートを決めてリードを2点に広げた。後半はやや停滞しオウンゴールで1点を返されたが、同40分には途中出場のMF相馬勇紀の折り返しから、堂安が追加点を決めて3-1で勝利を挙げている。

 この日、日本が対戦したホンジュラスと東京五輪本大会のグループBで同組の韓国も、この試合結果に注目しており、総合ニュースサイト「news1」は、「日本は吉田麻也(サンプドリア)、酒井宏樹(浦和レッズ)、遠藤航(シュツットガルト)の“ワイルドカード3人”を含めた最精鋭メンバーを総出動して模擬試験を行った」とベストメンバーを揃えて臨んだと報道。「日本はホンジュラスを圧倒した」と序盤から主導権を握り、後半に1点を失ったものの「心地良い勝利を手にした」と伝えている。

 日本は17日に、強力なメンバーを揃えるU-24スペイン代表と五輪前最後のテストマッチを行い、22日に南アフリカとの初戦を迎える。スペインとの一戦はメダル獲得への試金石として、海外からも注目を集めそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド