「日本が勝利にふさわしかった」 敵将が前半の劣勢悔やむ「高いインテンシティーに押され…」

攻守にわたって活躍したU-24日本代表MF堂安律(右)【写真:Getty Images】
攻守にわたって活躍したU-24日本代表MF堂安律(右)【写真:Getty Images】

ホンジュラスのファレロ監督、ハーフタイムに修正した後半は「互角の展開になった」

 U-24日本代表は12日、東京五輪の初戦を10日後に控えてU-24ホンジュラス代表との国際親善試合に臨んだ。前半にDF吉田麻也とMF堂安律のゴールで2点をリードし、後半に1点を返されたものの堂安の2点目で3-1と勝利。試合後、ホンジュラスのミゲル・ファレロ監督は「相手の高いインテンシティーに押され、本来できるはずのボール扱いができなかった」と、日本に圧倒された前半の戦いを悔やんだ。

 日本にとっては本大会で同組に入ったメキシコを想定した一戦だったが、立ち上がりから攻勢を強めると前半13分にMF久保建英のFKから吉田がゴールを決めて幸先良く先制。さらに同40分には、相手のパスをカットしたDF冨安健洋が味方にパスを預け、左サイドに攻撃参加する。久保からパスを受けた冨安がゴール前にボールを入れると、FW林大地のポストプレーから最後は堂安が右足でシュートを決めてリードを2点に広げた。後半はやや停滞しオウンゴールで1点を返されたが、同40分には途中出場のMF相馬勇紀の折り返しから、堂安が追加点を決めて3-1で勝利を挙げている。

 試合後、敗れたホンジュラスのファレロ監督は「序盤から苦しくなり、前半は相手の高いインテンシティーに押され、本来できるはずのボール扱いができなかった。ゴールを決められたことで、そこから体勢を立て直すのも難しかった」と、日本に押し込まれた前半の劣勢を悔やんだ。

 一方、ハーフタイムで5人を入れ替えて臨んだ後半は一進一退の展開に。ファレロ監督も「ポゼッションもできず、プレスに苦しめられた。モビリティーが欠けていた。ボールを前に運べなかった。それが日本の2ゴールにつながった。後半はポゼッションを高めてプレスをかわしつつ前に出ていくという話をした。結果的により縦のプレーでゴールが生まれ、互角の展開になった」と手応えを口にしていた。

 それでも「必要としているパフォーマンスからは程遠い」と語った指揮官は、「前半を見ても、今日の試合は日本が勝利にふさわしかった」と、試合開始から高い集中力を発揮したホームチームを称えていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング