“股抜き弾”の久保建英、堂安&三笘との2列目共演に手応え 「一緒にやって分かっている」

U-24日本代表の堂安、久保、三笘【写真:Getty Images & Yukihito Taguchi】
U-24日本代表の堂安、久保、三笘【写真:Getty Images & Yukihito Taguchi】

ジャマイカ戦で技ありの先制ゴール「事前にリスタート裏を突く狙いもあった」

 U-24日本代表MF久保建英は、東京五輪の最終メンバー選考前ラストマッチとなった12日のジャマイカA代表との国際親善試合に先発出場し、前半32分に技ありの股抜きゴールで先制点をマークし、4-0の大勝に貢献した。久保は試合直後のインタビューで、「自分たちはしっかり開催された時のために準備しておくのが義務」と語った。

 “最終選考”となった一戦に、日本はDF吉田麻也、DF酒井宏樹、MF遠藤航のオーバーエイジ3人がいずれもスタメン出場し、2列目には久保、MF堂安律、MF三笘薫の3人が初めてスタメンで並んだ。

 立ち上がりこそジャマイカが日本陣内に入り込む場面があったが、次第に試合のペースは日本へ。久保はゴールポスト直撃のシーンを作ると、前半32分には飲水タイム明けでジャマイカが集中を欠いた日本ボールのスローインから、右サイドをドリブルでカットイン。低い強烈なシュートを放つと、ブロックに来た相手DFとGK両者の股を連続で抜いてゴールを決めた。

 日本は同42分に遠藤がミドルシュートで貴重な追加点を奪うと、後半にもFW上田綺世、MF堂安律がゴールを奪い4-0と快勝した。

 久保は試合後のインタビューで、先制点のシーンについて「給水タイム明けくらいに酒井選手からリスタート準備しておけと。事前にリスタート裏を突く狙いもあった」と狙い通りだったと明かすと、2列目でコンビを組んだ2人については「堂安選手とは1試合目から一緒にやって分かっているし、三笘選手もJリーグのプレーを見て練習も一緒。できるだけ合わせられるプレーを心掛けた」と手応えを口にしている。

 チーム全体についても「1試合目からしっかり2試合目、3試合目と立て直せたのは良かった。一回しっかり休んで、メンバー選考の日を個人としてもチームとしても待てたらいい。自分たちはしっかり開催された時のために準備しておくのが義務なのかなと思う」と総括している。

 東京五輪メンバー18人の発表は、今月下旬に予定されている。久保ら選手は今回の3試合でそれぞれアピールし、運命の日を迎えることになる。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド