冨安健洋は「イタリア国内外で多くの人が要求」 ボローニャSDが“注目銘柄”に認定

守備の柱の一角を担っているボローニャの日本代表DF冨安健洋【写真:Getty Images】
守備の柱の一角を担っているボローニャの日本代表DF冨安健洋【写真:Getty Images】

ビゴンSDは注目度の高さに触れつつ、「改善の余地はたくさんある」と言及

 ボローニャの日本代表DF冨安健洋はイタリア挑戦2年目も堂々たるプレーを見せ、守備の柱の一角を担っている。スポーツディレクター(SD)を務めるリッカルド・ビゴン氏は「イタリア国内外の多くの人たちが彼を要求してきた」と、その注目度の高さに触れている。イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」が報じた。

 日本代表の次世代DFリーダーとして期待を背負う冨安は、アビスパ福岡の下部組織で育ち、2015年にトップ昇格。18年にベルギー1部シント=トロイデンに移籍し、昨季からボローニャで主力として活躍している。

 今季はここまでリーグ戦全23試合にフル出場(計2070分)して2ゴールを記録。センターバック以外に、右サイドバック、不慣れな左サイドバックでの起用にも対応しているなか、昨年12月23日のセリエA第14節アタランタ戦(2-2)では、技ありのチップキックから今季初ゴールを決めた。

 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(ACミラン)、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)ら世界トップクラスのストライカーたちと対峙してきた冨安。過去にユベントスやACミランといったイタリアの名門が獲得に興味を示していると噂されたが、国外でも“冨安人気”は高いようだ。

 イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、リッカルド・ビゴンSDが衛星放送「スカイ・スポーツ」で語った内容を紹介している。

「トミヤス? 彼はまだ若く、改善の余地はたくさんある。ただ、非常に優れた選手で、イタリア国内外の多くの人たちが彼を要求してきた。彼は成長し続けなければならない」

 22歳と若く、伸びしろもまだ十分秘める冨安。その可能性に世界中のクラブが一目置いていると言って良さそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング