南野のサウサンプトン移籍は「最適案」 リバプール記者が太鼓判「クロップが求めるのは…」

サウサンプトン移籍が決まったMF南野(左)とクロップ監督【写真:Getty Images】
サウサンプトン移籍が決まったMF南野(左)とクロップ監督【写真:Getty Images】

移籍期限締め切り直前にシーズン終了までの契約でサウサンプトンへのレンタルが決定

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間2月1日、プレミアリーグ移籍期限締め切り直前にサウサンプトンへのレンタルが決定した。リバプール番記者は南野の電撃移籍について、「サウサンプトンは最適案」と太鼓判を押している。

 リバプールで2シーズン目を迎えていた南野だが、思うように出場機会を得られない難しい時期を過ごしてきた。リーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)では待望のプレミア初ゴールを記録したが、それ以降はリーグ7試合でわずか6分間の出場にとどまっており、アタッカー陣の序列で底辺にまで下がってしまっていた。

 そのなかで、今冬の移籍期限デッドライン直前、シーズン終了までの形でサウサンプトンへの期限付き移籍が決定。リバプールの番記者を務めるジェームズ・ピアース氏は公式ツイッターで、南野にとって前向きなレンタル移籍であると強調している。

「クロップがミナミノに求めるのは、今から5月までの間、プレミアリーグの試合に適応することだ。まだアンフィールドでの彼の未来を見据えている。(ラルフ・)ハーゼンヒュットルのスタイルと選手への扱いを踏まえれば、サウサンプトンは最適案だと見なすことができる」

 サウサンプトンは前線からのハイプレスと連動的なハードワークを軸に据えたサッカーであり、リバプールと似通ったスタイルを導入している。ピアース氏は残りのシーズンで南野がサウサンプトンでインパクトを残すことができれば、来季以降のリバプールでの活躍も期待できるとの見解を示していた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング