内田篤人氏が激白、今の日本代表へ”推しのアタッカー”とは? 「面白いのになぁ、呼んだら」

元日本代表DF内田篤人氏【写真:Football ZONE web】
元日本代表DF内田篤人氏【写真:Football ZONE web】

「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」の未公開シーンで、日本代表の攻撃面に言及

 8月に現役を引退した元日本代表DF内田篤人氏が、自らがMCを務めるスポーツチャンネル「DAZN」の新番組「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」の中で、11月の日本代表戦に言及した。未公開シーンでは「面白いのになぁ、呼んだら」と、オーストリア遠征では未招集だったある選手に触れている。

 鹿島アントラーズで長年活躍した内田氏は、8月23日のJ1リーグ第12節ガンバ大阪戦を最後に現役引退。その後は日本サッカー協会(JFA)が新設した「ロールモデルコーチ」に就任し、若年層の強化および普及に関わる活動に参加するとともに、「DAZN」の新番組「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」のMCを務め、欧州で戦う日本人選手の活躍を解説している。

 最新回ではパナマ代表(1-0)、メキシコ代表(0-2)とそれぞれ国際親善試合を行った日本代表のオーストリア遠征を振り返り、未公開シーンの中でゲストの眞嶋優さんが気になった選手として挙げたMF遠藤航(シュツットガルト)とMF鎌田大地(フランクフルト)を、両選手の特徴を踏まえつつ評価。さらに、攻撃面に対する独自の見解を述べた。

 今遠征では10月のオランダ遠征と同様、流れの中から得点を奪えず、MF南野拓実(リバプール)がパナマ戦で決めたPKの1点のみ。課題を覗かせた攻撃陣の連係について、内田氏は「各々の特徴があるので、これが噛み合ってくれば、2トップでも良いし、(前線に)3枚並べても良いし、特徴のある選手がお互いの良いところを出し合えれば流れの中でもチャンスは増えるんじゃないかなと思います」と指摘したうえで、さらにこう続けた。

「前向いてボールをもらったら仕掛けられる選手はいる。久保(建英)くんもそうですけど、右だと伊東(純也)くん、(原口)元気もそうだし、自分でゴリゴリといってシュートまで行ける選手はいるので。今回呼ばれてなかったですけど乾(貴士)とかね。面白いのになぁ、呼んだら、とは思いますけど」

 スペイン1部エイバルでここまでリーグ戦9試合(10試合中)に先発している乾だが、”オール海外組”での構成となった10、11月の代表遠征では未招集に。攻撃面の活性化へ、内田氏は切れ味鋭いドリブルを武器に持つ32歳のアタッカーに期待を寄せているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  3. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  4. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  5. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  8. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  9. 「恐るべし」 元日本代表MF中田英寿氏がコンバイン運転で米収穫に脚光「何でも様になる」

  10. 浦和モーベルグ妻、ミニ丈ワンピで銀座出没に反響 珍しいパールピンク壁前で報告「美しい」「めっちゃ可愛い」の声