カメルーン代表、2人が新型コロナ陽性 濃厚接触者1人…日本戦は18人でプレーへ

日本代表戦に臨むカメルーン代表(写真は2018年のものです)【写真:Getty Images】
日本代表戦に臨むカメルーン代表(写真は2018年のものです)【写真:Getty Images】

カメルーン代表のオリベイラ監督が公式会見に臨む

 カメルーン代表ダシルバ・オリベイラ監督は8日、オランダ・ユトレヒトで森保一監督率いる日本代表と対戦する9日の国際親善試合に向けて、公式会見に臨んだ。チームドクターも会見に出席し、5日にユトレヒト入りするも6日にPCR検査を受けると、2人に陽性反応が出たと発表。1人は濃厚接触者に認定され、3人はチームから離脱したという。

 プレーできる選手18人で、9日の日本代表戦に臨む予定。名前は明らかにされていないが、すでに3人は帰路について隔離生活に入るという。

 今回のプロトコルとして所属クラブを出発する72時間前にPCR検査を受け、「陰性証明」を提出が義務付けられていた。さらに、試合前の3日前以内にPCR検査を行うとしていたため、今回6日の検査で陽性が判明。当該選手に体調不良等の症状は出ていない。また、日本代表のスタッフ・選手も7日に検査を受けて全員陰性が確認されている。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング