久保ら“新戦力3人”は「野心的なプロジェクト」 ビジャレアルの計画に現地注目「新時代の一歩」

(左から)パレホ、久保、コクラン【写真:Getty Images】
(左から)パレホ、久保、コクラン【写真:Getty Images】

久保獲得のビジャレアル、バレンシアのMFパレホ&MFコクランも獲得が決定的

 日本代表MF久保建英は現地時間10日、ビジャレアルへの期限付き移籍が決定した。来季はUEFAヨーロッパリーグ(EL)に挑戦することになるが、ビジャレアルは久保に加えて2人の新戦力が加入目前となっており、海外メディアも「野心的なプロジェクト」と注目している。

 2019年夏にFC東京からレアル・マドリードへ完全移籍した久保は、開幕直後にマジョルカへ期限付き移籍。リーグ戦35試合4ゴール4アシストをマークして存在感を放った。今季終了後には30クラブ以上が久保の獲得を打診したと取り沙汰されていたが、最終的には今季5位のビジャレアルが争奪戦を制した。

 ビジャレアルはEL出場が決定しており、来季に向け、ウナイ・エメリ監督を招聘。新指揮官が久保の獲得を注文したと伝えられており、重要な戦力となる期待が高まっているなか、さらにバレンシアから主将のMFダニエル・パレホとMFフランシス・コクランの獲得を目前に控えていると報じられている。

 スペインメディア「Notas de Fútbol」はビジャレアルの積極的な補強を受け、「野心的なプロジェクト」と表現しており、「久保を熱望していた数多くのクラブを出し抜き、問題を抱えるバレンシアからも引き抜きに迫る」と、ビジャレアルが今夏の移籍市場で注目株となっていることを指摘している。

 スペイン地元紙「Mediterráneo」は「メディカルチェックとPCR検査に合格」と取り上げ、両選手が残すのはサインのみであることを説明。「新時代のエメリ体制の最初の一歩となる」と綴っている。パレホ、コクランともにバレンシアの主力として今季も活躍していたが、来季は久保とともにリーガと欧州大会を両立させる新戦力としてビジャレアルに新たな風を吹き込むことになりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング