ムバッペのCL8強出場は「奇跡が必要」 PSG監督、復帰に懐疑的「今は傷を癒すことに…」

怪我をしたムバッペを労うトゥヘル監督(右)【写真:AP】
怪我をしたムバッペを労うトゥヘル監督(右)【写真:AP】

トゥヘル監督が負傷したムバッペに言及 「まだ希望を持っているが…」

 フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)の攻撃陣で、絶大な存在感を放つフランス代表FWキリアン・ムバッペだが、来週から再開となるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の初戦、準々決勝のアタランタ戦でその姿を見るには「奇跡が必要」だと指揮官が話している。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 PSGは8強において、今季CLで旋風を巻き起こしているイタリア・セリエAのアタランタと対戦する。しかし、そのピッチにムバッペが立つのは難しい情勢だ。7月24日に行われたフランス杯決勝の前半31分、ムバッペはサンテティエンヌDFロイク・ペランの激しいスライディングタックルを受けて右足を負傷し、途中交代を余儀なくされた。

 ペランのタックルはムバッペの右足首を捉え、激しくひねっているのが映像でも確認できる。英衛星放送「スカイ・スポーツ」は、「PSGのストライカーがホラータックルで負傷」とその危険さを報じていた。そして、PSGはムバッペについて「外側靭帯損傷を伴う足首の捻挫」と発表した。

 PSGはすでにCL8強入りを決めているため、アタランタとのゲームは12日に予定されている。7月24日のフランス杯から数えて中18日の試合となるため、3週間の負傷は微妙な時期ではある。しかし、トーマス・トゥヘル監督はムバッペの復帰については非常に懐疑的なようだ。

「私はまだ希望を持っているが、それはとても小さなものだ。彼自身、今は傷を癒すことに集中していて、すべての流れていく時間が重要なものだ。だが、アタランタ戦のピッチで彼を発見するには奇跡が必要だろう」

 欧州制覇を最大の目標とするPSGだが、準々決勝の一発勝負はエース抜きで戦うことが極めて濃厚なようだ。セリエAでも好調を維持しているアタランタは最終節のゲームをまだ残し、ゲーム勘を衰えさせずに臨むことが予想されるだけに、際どいゲームになりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング