柏FWオルンガ、J1初ハットトリックを母国代表HCも称賛 「トップ選手の道を歩んでる」

柏レイソルFWオルンガ【写真:小林 靖】
柏レイソルFWオルンガ【写真:小林 靖】

仙台戦で3試合連続ゴールとともに、自身J1初のハットトリックも達成

 柏レイソルのケニア代表FWオルンガは、26日のJ1リーグ第7節ベガルタ仙台戦(5-1)で自身J1初となるハットトリックをマークした。直近3試合で6ゴールを荒稼ぎするストライカーを、母国代表ヘッドコーチも称賛している。

 オルンガは母国ケニアでキャリアをスタート。2016年にスウェーデン1部のユールゴーデン、2017年に中国1部の貴州智誠を経て、同年9月にリーガ・エスパニョーラのジローナへの期限付き移籍が決まった。約半年間の在籍だったなか、2018年1月13日のリーガ第19節ラス・パルマス戦で初ゴールを含む3得点1アシストの大活躍。その後同年8月に柏へ完全移籍し、所属2年目のJ2リーグ最終節・京都サンガF.C.戦(13-1)では1人で8ゴールを決め、Jリーグの1試合最多得点記録を更新した。

 今季も開幕戦で2ゴールを挙げ、第5節湘南ベルマーレ戦(3-2)、第6節浦和レッズ戦(4-0)でも得点を決めたオルンガは仙台戦でも爆発した。前半40分にチーム2点目をマークすると、1点差に詰め寄られた後半13分、同28分と立て続けにネットを揺らしてハットトリックを達成。自身J1初のゴールラッシュでチームを5-1の勝利に導き、得点ランクでも2位に4ゴール差をつけて首位(8ゴール)を快走している。

 ケニア紙「ザ・スター」は、「『マン・オブ・ザ・マッチ』のパフォーマンス」と評価するとともに、ケニア代表ヘッドコーチのフランシス・キマンジ氏のコメントを紹介している。

「トップリーグでの(シーズン最初からプレーする)最初のシーズンで、ハットトリックを含む7試合8ゴールは至難の業だ。彼は海外で自分を証明するために一生懸命プレーしている。リーグが中断した時も鍛錬を欠かさなかった証だ。より大きなリーグで戦うためには、トッププレーヤーでなければならない。オルンガはそれを成し遂げる道を歩んでいる」

 オフには複数のオファーがあったことを母国紙で明かすなど、世界も熱視線を送る存在だけに、今後どのような成長曲線を描いていくのか、大きな注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング