相手GKはなす術なし D・コスタ、絶妙カーブ弾に海外反響「世界を震撼させる」

ユベントスFWドウグラス・コスタ【写真:Getty Images】
ユベントスFWドウグラス・コスタ【写真:Getty Images】

ジェノア戦で相手GKが一歩も動けないような完璧ゴラッソをマーク

 ユベントスは現地時間6月30日のセリエA第29節ジェノア戦で3-1と勝利。ブラジル代表FWドウグラス・コスタは鮮やかなカーブのかかった完璧な一撃を突き刺し、「世界を震撼させるゴラッソ」と海外メディアも称賛している。

 0-0で迎えた後半、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと立て続けに個人技弾が決まり、2点差をつけたユベントスは同28分にコスタが見せる。

 右コーナーのディバラから、ペナルティーエリア手前右でパスを受けると、シザースフェイントから一つ中央にドリブルを突き、わずかな隙を縫って左足を一閃。ジェノアDFアダマ・スマオロの背後を抜けたボールは、綺麗な弧を描いてゴール左隅に吸い込まれた。

 相手GKが一歩も動けない一撃に、ポルトガルメディア「Noticias ao Minuto」は「ドウグラス・コスタが世界を震撼させるゴラッソ」と称賛。チリのスポーツ専門サイト「En Cancha」は「印象的なフィニッシュ。GKから最も遠い場所にボールを蹴った」と伝え、ポルトガルのスポーツメディア「Remate Digital」も「センセーショナル」と表現している。

 待望の今季リーグ戦初得点をゴラッソで飾ったコスタ。残り試合でギアを上げていけるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング