ドイツ3部日本人アナリストの挑戦 最難関プロライセンス取得へ、来季狙うチーム内“昇格”

日本人アナリスト浜野裕樹が分析をする様子【写真:本人提供】
日本人アナリスト浜野裕樹が分析をする様子【写真:本人提供】

【日本人アナリスト浜野裕樹の奮闘|第2回】狭き門のドイツS級ライセンス、2000年代以降の日本人合格者はゼロ

 海外に出て、指導者のプロとしての道を目指す若者は増えてきている。僕が暮らすドイツにもUEFAプロレベルとなるプロコーチライセンスを取ろうとやってくるが、それは非常に困難な道なのだ。

 いわゆるドイツのS級ライセンスを所得している日本人は過去に存在する。だが2000年初頭の育成改革後に、このライセンスを獲得した人はまだ1人もいない。それはプロコーチライセンスを受講するための条件が厳しくなったことが大きな理由になる。A級ライセンスまで合格できたとしても、誰でも挑戦できるわけではない。

■U-17、U-19の1部リーグに当たるユースブンデスリーガで監督を1年以上する
■3部以上のリーグでアシスタントコーチを1年以上行う
■体育大学を卒業している
■タレント育成センターで責任者として働く
■地区トレセンで専任指導者として働く

 日本人だけではなく、ドイツで指導者として上を目指すものがみんなここのポストを狙っているのだ。筆者も09年にA級ライセンス試験を突破しているが、それから10年以上チャンスはずっと遠く向こうにあるまま。非常に狭き門なのだ。

 それでも、ビクトリアケルンでアナリストとして活動している浜野裕樹は、そこへの挑戦を見据え、その可能性を高めるための道筋を探し続けている。他クラブ下部組織の監督オファーもあったが、このプロコーチライセンス条件を満たすために、ビクトリアケルンへアナリストとして入ることを決断した。

「僕にとってはU-17、U-19のユースブンデスリーガ監督が一番イメージできるポスト」ということを伝えると、浜野は微笑んだ。

「それは面白いですね。みんな『ここを突こう』みたいなのがあるじゃないですか。俺はシュトゥッツプンクト(日本でいうトレセン)から行こうかな、とも思ったりもしました。僕の場合は『体育大学を卒業している』というのでも行けるんですけど、実際のところ体育大学卒業、タレント育成センター責任者、シュトゥッツプンクト責任者の人は、あんまりいないという印象があって」

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング