「ロナウドやメッシのように…」 英雄ジーコがネイマールに提言、求めた“意識改革”

ジーコ氏がブラジル代表の後輩であるネイマールについて言及した【写真:Getty Images】
ジーコ氏がブラジル代表の後輩であるネイマールについて言及した【写真:Getty Images】

イタリア紙でブラジル代表の後輩に言及

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)やポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)らとともに、現代を代表するスター選手の1人として名前が挙がることの多いブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)だが、鹿島アントラーズでテクニカルディレクターを務めるジーコ氏によると、同選手が本当にメッシやロナウドと並ぶ存在になるためにはピッチ内外での振る舞いを改める必要があるようだ。

 ブラジル代表のエースとしてワールドカップ(W杯)に2大会連続出場を果たし、さらに前所属のバルセロナではUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇も経験するなど、ネイマールはこれまで素晴らしい実績を残してきた一方で、ファウルをもらうためにダイブを繰り返したり、クラブの練習を無断欠席するなど、問題視されるような言動も数多くあった。

 一方、ブラジルの英雄的存在であるジーコ氏は、長年にわたってセレソンの10番を背負い、W杯にも1978年大会から3大会連続出場。その後、Jリーグ開幕前の1991年に来日して鹿島アントラーズの前身である住友金属に加入すると、自身の振る舞いでプロとはなんであるかを選手たちに伝え、同クラブを日本を代表する常勝軍団へと育て上げた経験を持つ。

 そうしたキャリアを持つジーコ氏だけに、ネイマールの素行の悪さは見過ごせなかったようだ。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」の取材に対し、「彼はもっとプロフェッショナルになるべきだ。サッカーのために生きているロナウドやメッシのようにね」とコメント。ネイマールの実力を認めつつも、さらなる向上のための意識改革を呼びかけた。

 ただし、苦言とも受け取れる言葉は、期待の裏返しかもしれない。実際、インタビュー中でジーコ氏は、ネイマールについて「今28歳で、パリ・サンジェルマンでは良いチームメートに恵まれている。チャンピオンズリーグで優勝するチャンスだってある。それに彼自身、多くの経験を持っている成熟した選手だ」とも語り、同選手の才能や経験については高く評価している。

 最近ネイマールと会う機会のあったジーコ氏は、自身の意見を同選手に直接伝えたという。その華麗なプレーで現役時代は「白いペレ」とも呼ばれた母国の偉大な先輩からのアドバイスを、ネイマールはどう受け止めたのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング