「来季も100%残る」 名将グアルディオラ、マンC残留を強調「CL出場を逃しても…」

グアルディオラ監督はマンC残留を望んでいるようだ【写真:Getty Images】
グアルディオラ監督はマンC残留を望んでいるようだ【写真:Getty Images】

今季プレミア制覇は絶望的な状況 「クラブが私を解任しない限り…」

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、来季もチームの指揮を執る可能性が「100%」だと語った。今季はリバプールに大きな差をつけられているが、2021年夏まで残った契約を全うする構えだ。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 グアルディオラ監督は2016年夏にシティの監督に就任。2年目の2017-18シーズンにプレミアリーグとリーグカップの2冠を達成。昨季はそれにFAカップとコミュニティー・シールドも加えた国内4冠を成し遂げた。

 4年目の今季はリーグ戦22試合を終えた時点で、首位リバプールに勝ち点14差をつけられているが、指揮官はクラブに必要とされている限り退任することはないと、自身の去就について語っている。

「何度も言っていることだが、クラブが私を解任しない限り、私は100%残る。間違いない。来季もここに100%残るよ」

 グアルディオラ監督は「私は彼らとの仕事を楽しんでいるし、気に入っている。ここから悪い方向に向かい、たとえチャンピオンズリーグ出場を逃しても、ここを去ることはないだろう」とも付け加え、少なくとも契約の残る2021年夏まではシティに残留すると強調した。

「監督として良い時も悪い時もある。すべてに勝てるわけではない。すべては次に勝つため、さらに良くなるためだ」

 今季UEFAチャンピオンズリーグのタイトルを獲得できなければ退団との噂も報じられ、フランスのパリ・サンジェルマンが招聘を希望していると報じられているペップだが、自身の口ではっきりと残留を明言した。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング