「彼は主役だった」 リバプール不動SBが実体験した“南野の脅威”「僕は確信している」

リバプールのロバートソン(左)が来年1月にチームへ加入する南野について言及【写真:Getty Images】
リバプールのロバートソン(左)が来年1月にチームへ加入する南野について言及【写真:Getty Images】

リバプールの正式加入が決定した南野、ロバートソンが太鼓判「ファンタスティックな選手」

 リバプールは現地時間19日、ザルツブルクの日本代表MF南野拓実と来年1月からの加入で契約合意に達したことを正式に発表した。リバプールのスコットランド代表MFアンドリュー・ロバートソンは、新たなチームメートとなる南野について「アンフィールドで、彼は僕たちに問題を引き起こした存在だった」と対戦相手として苦戦を強いられたことを明かしている。英地元紙「リバプール・エコー」が報じている。

 南野がリバプールを驚かせたのはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第2節での対戦(3-4)だった。要塞アンフィールドで豪快なボレー弾を叩き込み、1ゴール1アシストの大活躍を披露。リターンマッチとなった第6節(0-2)でも、縦横無尽な走りで決定機を演出するなど、リバプール守備陣を苦しめていた。

 この活躍を機に、英国内ではリバプールが移籍金設定額の725万ポンド(約10億4000万円)を支払って南野の獲得に乗り出すニュースが一斉に飛び交っていたが、ついにクラブ公式サイトで南野の来年1月1日付での加入が正式に発表されることになった。公式SNSでは、南野が契約書にサインを交わす様子や、背番号18のユニフォームに袖を通す姿が投稿されている。

 南野の加入に早速歓迎のメッセージを送った同僚がいる。不動の左サイドバック(SB)、ロバートソンだ。

「ザルツブルクと対戦するのは難しかった。だが、南野はそんなチームで主役だったと思う。特にアンフィールドで、彼は僕たちに問題を引き起こした存在だった。僕たちが3-0のリードを奪ってから、彼が試合を支配し始めたんだ。機敏な走り出しで、ゴールもアシストも奪った。その姿を見て、うちの親方(ユルゲン・クロップ監督)は『彼は何者だ?』と注視し始めたのかもしれないね」

 ロバートソンは、南野とのマッチアップで苦戦を強いられたことを認めた上で、「彼は僕たちの一員となることを歓迎されるし、僕は彼がファンタスティックな選手であることを確信している」と、“リバプール南野”の活躍に太鼓判を押していた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング