アーセナル監督、“エジル外し”は「クラブ合意の戦略」と告白 「全員で話し合ってきた」

アーセナルのエジル(左)について、エメリ監督が言及【写真:Getty Images】
アーセナルのエジル(左)について、エメリ監督が言及【写真:Getty Images】

今季出場機会が減っているエジルについて、アーセナルのエメリ監督が言及

 アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルを今季公式戦で2試合の出場にとどまるなど戦力外となっているが、チームを率いるウナイ・エメリ監督はその決定はクラブ全体の合意の上だと明かした。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。

 エジルは今季プレミアリーグとリーグカップの1試合ずつに出場しているのみで、多くは試合のメンバーからも外れている。エメリ監督はこれまでエジルを起用しなかったことについて「戦術的な理由」と説明することあっても、具体的には明かしてこなかった。

 しかし、指揮官はこの“エジル外し”はクラブの上層部との合意の下での決定だと語った。

「ここには、クラブとして、チームとして合意された戦略がある。最も重要なのはクラブであり、チームであり、そしてパフォーマンスを見出すことだ。この決定を下すために私たちは全員で話し合ってきた。サポーターは何が起きているのかを知りたがっていることは私も理解しているが、今はその時ではない。今はまだ彼について話すことではない」

 詳細について深く言及することはなかったが、エジルをレギュラーから外したことについては、クラブ上層部とも合意した上でのことだと主張している。

 サポーターからの待望論も根強いエジルだが、現状では攻撃的MFの序列で中でも2番手、3番手以下となっている。このままベンチに座ることもままならない日々が続くのか。背番号10を背負う男の今後に注目だ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング