マンCは「お金がない」 名将ペップ、王者の台所事情に言及「1月の選手獲得はない」

マンCのグアルディオラ監督はチームの金銭事情に悩んでいるようだ【写真:Getty Images】
マンCのグアルディオラ監督はチームの金銭事情に悩んでいるようだ【写真:Getty Images】

センターバックが駒不足も「冬に補強はしない」と苦しい財政事情を明かす

 マンチェスター・シティは負傷者の影響でセンターバック不足に悩まされているが、冬の移籍市場での選手獲得は難しいようだ。指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督は、「お金がない」とチームの財政事情について言及してる。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 シティは今季開幕前に、前キャプテンのベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが契約満了で退団し、古巣アンデルレヒトへと渡った。新たなセンターバック補強は行わなかったが、プレミアリーグ第4節のブライトン戦でフランス代表DFアイメリク・ラポルテが膝の負傷で長期離脱を強いられた。

 イングランド代表DFジョン・ストーンズも筋肉系の負傷で11月まで離脱と報じられており、主力のセンターバックはアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディのみ。中盤が本職のブラジル代表MFフェルナンジーニョをコンバートして、穴を埋めている状況だ。

 来年1月に再開する移籍市場で、テコ入れの補強が欲しい状況ではあるが、グアルディオラ監督はクラブに十分な資金は残っていないとし、新規選手獲得の可能性を否定的に語っている。

「それ(選手獲得)は私の仕事ではないが、1月の選手獲得はないだろう。なぜなら、夏に支払う膨大なお金がないからだ。だから冬に補強はしない」

 補強が困難な状況なだけに、グアルディオラ監督は「(テイラー・)ハーウッド・ベリスやエリック(・ガルシア)がアカデミーからの新しい選手だ。我々には若くて才能ある選手がいる。彼らも頼りにしている」と語り、生え抜きのヤングスターもとしてカウントしているという。

 プレミアリーグ2連覇中の王者シティと言えど、今季は苦しい台所事情でのやりくりを強いられているようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング