バルサ移籍のデ・ヨング、恋人が投稿した3年前の2ショット写真が話題 「これが真実の愛」

MFフレンキー・デ・ヨング【写真:Getty Images】
MFフレンキー・デ・ヨング【写真:Getty Images】

デ・ヨングの恋人が2015年12月にカンプ・ノウで撮影した写真を投稿

 バルセロナは23日、アヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを獲得したことを、公式に発表した。その移籍金は7500万ユーロ(約93億6000万円)であり、さらにボーナスで1100万ユーロ(約13億7000万円)が上積みされる可能性もあるようだ。

 この発表を受けて、インスタグラムを更新したのは、デ・ヨングの恋人であるミッキー・キーメニーさん。今シーズンはアヤックスでプレーを続け、2019-20シーズンからバルセロナへ移籍することになった彼との思い出の写真に、祝福のメッセージを添えて公開している。

 サッカーをプレーしている子供たちにとって、欧州のビッグクラブでプレーすることは大きな夢だ。3年前、当時19歳だったオランダ人のデ・ヨングにとっては、スペインのバルセロナが憧れのクラブだったようだ。彼は当時から付き合っていた彼女とともにバルセロナの本拠地であるカンプ・ノウを訪れ、バックスタンドを背景に2ショットの写真を撮影した。

 時は流れ、デ・ヨングは17年に名門アヤックスで主力となり、18年にはオランダ代表にも選出された。1年ごとに着実にステップアップし、欧州のビッグクラブからも注目を集める存在になっていく。そしてついに憧れだったバルセロナからオファーを受けて、移籍することになった。

 公式発表後、キーメニーさんはデ・ヨングと3年前に撮影した2ショットを公開。そして、以下のメッセージを添えた。

「2015年12月30日、3年前のこと」と、写真を撮影した日にちを記し、「私たちはファンとしてカンプ・ノウに行きました。そして、あなたが夢としていたクラブの試合を見ました。2019年1月23日、今日。あなたは、世界中に夢に見ていたクラブでプレーすることになったと言うことができます。あなたは大きな夢を現実にしました。これから素晴らしい瞬間をともに過ごせることが楽しみでなりません。私たちは、あなたの夢に生きるんです」

 キーメニーさんの投稿には、日本時間25日16時時点で8万9000件を超える「いいね!」が付いており、コメント欄には、「これが真実の愛ね。バルセロナ・ファミリーへようこそ!」「おめでとう!」「夢を叶えた瞬間ってやつだね!」といった祝福のコメントが多数寄せられている。

 移籍が決まったデ・ヨングは、バルセロナの公式ツイッターに動画を公開し、「とても嬉しいし、誇りに思うし、興奮しているよ。会えるのを楽しみにしているよ」と、ファンに呼びかけている。デ・ヨングとキーメニーさんがバルセロナに行く半年後を楽しみにしているのと同じように、バルセロナのファン・サポーターにとっても、彼らがバルセロナに来ることが楽しみになったに違いない。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング