G大阪がJ2東京Vに0-0引き分け MF遠藤、新体制での試行錯誤を吐露「4-4-2は初めて」

4-3-2-1システムでスタートもボールを支配される時間が続く「今日はハマらなかった」

 今季からレヴィー・クルピ監督が就任したJ1ガンバ大阪は、8日にキャンプ地の沖縄でJ2東京ヴェルディとトレーニングマッチを実施。後半にシステムも変えながら模索したゲームは0-0の引き分けに終わり、MF遠藤保仁は「今日はハマらなかった」と、試合を振り返った。

 4-3-2-1システムでスタートしたG大阪は、右ボランチに浦和レッズから新加入のMF矢島慎也が入り、MF今野泰幸が欠場したアンカーには3年目のMF市丸瑞希が入った。前線はFW長沢駿が1トップで、2列目に遠藤とMF倉田秋が並ぶ配置だった。

 しかし、遠藤が「相手は去年から同じ監督で、でき上がっているチームなので、その部分で差が出た。プレスの位置は相手によっての掛け方が変わってくるので、それが今日はハマらなかったと思う」と話したように、立ち上がりから東京Vにボールを支配される時間が続いた。

 GK東口順昭から、相手のパス回しによって「今のは、この選手を出していい」など、確認の声が何度となく出る状態であり、まだ新システムの確認途上という面が強く現れた。

 

page1 page2

ランキング