本田圭佑、日本人サポの“ゴミ拾い”称賛 「素晴らしい姿勢を伝染させて」と呼びかけも

パチューカ戦後の日本人サポーターの行動が現地で話題 本田も自身のSNSで称える

 パチューカのFW本田圭佑は現地時間3日に行われたリーガMX(メキシコリーグ)後期第5節、本拠地モレリア戦に先発出場し、代名詞とも言える無回転FKを叩き込み、2試合連続ゴールをマークする活躍を見せた。試合は2-3で敗れたが、試合後のスタンドで日本人サポーターがゴミ拾いし、パチューカが公式ツイッターでその行動を絶賛。本田も自身の公式ツイッターでこの粋な振る舞いを称え、返信欄ではファンともやり取りをしている。

 モレリア戦に先発した本田は、1-2と1点ビハインドで迎えた後半15分、ゴール正面約28メートルの位置で得た直接FKでキッカーを務め、強烈な無回転シュートを叩き込んだ。試合は2-3で惜敗したものの、後期リーグ5試合で3得点3アシストと好調をキープしており、日本代表復帰待望論も巻き起こっている。

 そうしたなかパチューカ公式ツイッターは試合後、日本人サポーターがスタンドでゴミを拾う様子を写真付きで伝え、「Domo arigato」(どうもありがとう)と感謝の言葉を添えた。日本人サポーターが海外で見せた粋な行動を伝えた記事に対して、本田自身も素早く反応。自身の公式ツイッターに「嬉しいねー。ナイスモラル! そしてありがとう!!」と綴っている。

 この投稿の返信欄には、ファンから多くのコメントが届いた。「誇れる日本の文化」「本当にナイスモラル」「日本人として誇りに思います」「こう言う事がサラッと出来る。日本の”長所”ですね!!!」など、ゴミ拾いをしたサポーターの行動や日本に根づくマナーの文化を称えるものが多かったが、ある一人が記した「そのようなすばらしい行動をするのは一部だけかと思います」という声に本田自身が反応。「では、こうした素晴らしい姿勢を伝染させていきましょう!」と呼びかけている。

 これまでも日本人サポーターが海外のスタジアムでゴミ拾いをする姿は多く見られ、各国メディアから賛辞を送られてきた。メキシコの地でも大きくクローズアップされることになったが、本田自身も日本の誇るべき文化としてサポーターの行動を称えていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

page1 page2

ランキング