横峯さくら、サッカー日本人対決を現地観戦「刺激的」 “ニット帽写真”に反響「ブラボー」

米合宿後にオフ期間を利用して欧州へ、「旅の最後はサッカー観戦」と写真をアップ

 女子プロゴルファーの横峯さくらは、バハマで行われた米女子ゴルフツアーの2018年開幕戦となる「ピュアシルク バハマ LPGAクラシック」マンデートーナメント(予選会)で15位タイに終わり、本戦の出場権獲得を逃した。第2戦に向けて調整を続けるなか、2日にフランスで行われたリーグ第24節オリンピック・マルセイユ対メス戦を現地観戦。公式インスタグラムを更新し、スタンドで撮影した写真を公開している。

 横峰は2月15日から始まる「ISPSハンダ オーストラリア女子オープン」に向けてアメリカ合宿を敢行。公式インスタグラムで「ヨーロッパに寄ってから日本に帰っています」と綴り、オフ期間を利用してドイツやイタリアなどを回る様子を伝えていた。そして最後に訪れたのがフランスだったという。

「旅の最後はマルセイユでサッカー観戦」と記し、「マルセイユVS fcメスの試合を観ました」と笑顔の絵文字付きで報告。この試合では、日本代表DF酒井宏樹(マルセイユ)と日本代表GK川島永嗣(メス)が揃って先発フル出場し、マルセイユが6-3と本拠地で快勝した。黒のニット帽を被った横峰はスタンドに立ち、グランドをバックに撮影した写真をアップ。さらに試合中のショットも投稿し、「ゴルフ以外のスポーツを観るのも凄く刺激的」と思いを明かしている。

 返信欄では「ブラボーー」「うらやましい」「楽しい旅になりましたね~」「何事も経験ですね」「刺激を受けゴルフに活かしてください」など温かいコメントが並んでいる。

 酒井と川島の日本人対決を現地観戦し、大きな刺激を受けたという横峯。充実のオフを経て、再び躍動する姿を見せてくれそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

page1 page2

ランキング