広島アンバサダー森崎浩司が語る「セカンドキャリア」と「理想のプロクラブの在り方」

「選手はフロントに入っていったほうがいい」

 そんな森崎氏は、今年も引き続きアンバサダーを務めるが、2017年の活動を経て、明確になった一つのビジョンがあるという。

「今はフロントの仕事に興味があります。引退する前から少し考えていましたが、スカウトとかをやりたいなと。目標は強化に関わることですね。Jのクラブを見ても元選手の方が強化の仕事に就くことが増えてきているし、それが理想とするプロサッカークラブの在り方。選手はどんどん(フロントに)入っていったほうがいいと思います。(広島においては)僕が先頭を切ってそういう環境を作れればいいですね」

 選手のことは、誰よりも選手が分かることを考えれば、引退後に強化の仕事に就くことは理にかなっていると言えるだろう。広島で生まれ育ち、広島でサッカー人生をまっとうした森崎氏のような存在ならばなおさらだ。

 山本拓也新社長、城福浩新監督を迎え、新たなチャレンジに挑む“新生サンフレッチェ”。森崎氏は愛するクラブの成長・発展に全身全霊を注ぐ覚悟だ。

【了】

小田智史●文 text by Tomofumi Oda(Football ZONE web編集部)

フットボールゾーンウェブ編集部●写真 photo by Football ZONE web

 

page1 page2

ランキング