「才能ない」と自認の長友佑都、なぜ一流になれたのか? 人生の一大決心「それが原点」

ワールドクラスの選手に伍するため… 「努力を続けてきた自信だけはある」と自負

 インテルの日本代表DF長友佑都は11日、母校の明治大学でトークイベントを開催し、6月のロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた思いを語るとともに、原動力になっている人生の一大決心について告白した。

 ロシアW杯では「初戦が大事」と、6月19日にグループリーグ第1戦で激突するコロンビア戦の重要性を強調。16強進出を左右する一戦になると見ている。その一方で、自身のサッカーキャリアについて「インテルで8年目になりますけど、僕の能力で8年もいるのは奇跡」と言及。イタリアの名門インテルで在籍8年目を迎え、今や最古参となった長友だが、サッカー選手としての自己分析はこうだ。

「僕は本当に才能が全くない。ただ誰よりも練習して、努力を続けてきたという自信だけはある。それが監督やチームメイトに伝わっているんじゃないかな」

 自身について「才能がない」と認めながらも、名門でワールドクラスの選手たちに伍して活躍するために、努力を積み重ねてきたと自負し、それが自らの価値を高める礎になったという。2010年の南アフリカW杯、14年のブラジルW杯に続き、3大会連続の出場も現実味を帯びてきたダイナモにとって、過去のある決断が現在につながる原点だったと明かしている。

1 2

ランキング