「ああ、美しいのに!」 名門ボカのチアリーダー解散に悲しみの声、復活への動きも…

 

クラブ側の決断にメンバーも落胆

 フットボールの世界を盛り上げる主役はサッカー選手だが、その周辺の人々の存在も必須だ。その中には見た目麗しいチアリーダーがいるが、アルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズのチアリーダーがまさかの理由で解散させられ、その後復帰を画策していると、ブラジル紙「オ・ディア」が報じている。

 今回取り上げられているのは、ボカの「ラス・ボキータス」というチームだ。伝統あるチームが突然活動できなくなったのは、10月のことだった。クラブは彼女たちを「性的な目で見られることを防ぐ」ために、活動を停止することを決断したのだ。これに対して、メンバーの一人は悲しみの言葉を残している。

「私たちは来年まではバスケットボールやフットサルでチームをサポートし続けますが、私たちはこの決定によって悲しんでいます」

 ただ本人たちは、ボカのために再び舞い戻ることを諦めていないようだ。ピッチで再びダンスを見せられるための行動を取っているという。

 同紙は「ああ、美しいのに! ボカ・ジュニアーズのチアリーダーは、解雇された後に復帰したい」とのタイトルで伝えている。またファンからもチアリーディング活動停止に対して、抗議の声が多く挙がっている模様だ。果たして熱狂の本拠地ボンボネーラに、彼女たちは戻ってくるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

1 2 3

ランキング