Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

日本代表  |  海外所属選手

2017.11.14 (Tue)

ビッグ3再評価、主将の現状… 闘莉王、「誰もポジションは保証されてない」とハリル流を独自分析


BIG3不在の欧州遠征「ブラジル戦を見れば、やっぱりお前たちが必要だ、となる」

 

 日本代表は現地時間14日にベルギー代表との国際親善試合に臨む。10日のブラジル戦で1-3と完敗を喫したハリルジャパンだが、長年代表を牽引してきたFW本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、香川真司(ドルトムント)の“ビッグ3”がメンバーから外れている。南アフリカ・ワールドカップ(W杯)16強進出に貢献した元日本代表DF田中マルクス闘莉王(京都サンガF.C.)は、ブラジル戦で浮き彫りになった3人の必要性を強調。そして、主力3人の落選と、ブラジル戦でDF長友佑都(インテル)にゲームキャプテンを託したバヒド・ハリルホジッチ監督の狙いを「誰もポジションは保証されていないというメッセージ」と独自分析している。

 

 闘莉王にとって生まれ育った母国のブラジル、そして欧州屈指の強豪ベルギーと対峙する舞台に、日本代表を牽引してきたビッグ3の姿はない。その意図について、闘将はこのように語る。

 

「香川、岡崎、本田がメンバーから外れた。監督は強豪相手にテストをしたいという思いもあったと思う。でも、高校生レベルのミスが続いてしまった今回のブラジル戦を見れば、やっぱりお前たちが必要だ、ということになる。それを再認識するために、わざと外したのかもしれません」

 

 ブラジルとの「個」の能力差は言うまでもなく大きい。3失点はいずれも個人のミスから奪われてしまった。前半7分にPKを与えた吉田麻也(サウサンプトン)、前半17分の2点目の場面でクリアしきれなかった井手口陽介(ガンバ大阪)、前半36分の失点の場面では長谷部誠(フランクフルト)が槙野智章(浦和レッズ)との意思疎通が上手くいかず、マーカーの受け渡しをできなかった。前半、特に浮き足立つ姿が目立ったが、国際経験や実績という観点から、逆にビッグ3の存在感を浮き彫りにする効果があったと闘莉王は指摘する。

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト