Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

各国代表大会  |  海外リーグ

2017.10.12 (Thu)

試合中に引き分けの“密約”!? ファルカオのペルー戦での行動を巡り、憶測がヒートアップ


1-1に終わったペルー対コロンビア戦、ファルカオは相手選手に話しかけていたが…

 

 ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選の最終節、ペルー対コロンビアは1-1で引き分けた。ともに勝ち点1を積み上げた両者は、4位コロンビアが本大会出場決定、5位ペルーが大陸間プレーオフへの出場権を手にした。そうしたなか、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(モナコ)が試合中に見せた“ある行動”を巡り、様々な憶測を呼んでいる。ペルーのテレビ局「パナメリカーナ・テレビジョン」が報じた。

 

 試合は後半11分にコロンビアがMFハメス・ロドリゲスのゴールで先制したが、同31分にペルーのMFパオロ・ゲレーロが鮮やかな直接FKを叩き込み、1-1の同点となった。他会場の結果によって本大会出場、大陸間プレーオフ、予選敗退の3つの結末を迎える可能性があった一戦は、そのままタイムアップ。勝ち点1を分け合い、コロンビアは4位で本大会出場、ペルーは5位でニュージーランド(オセアニア代表)との大陸間プレーオフに回ることが決定した。

 

 しかし、ペルーのテレビ局「パナメリカーナ・テレビジョン」は、コロンビアのファルカオが試合終盤、口元を手で隠しながらペルーの相手選手に話しかけるシーンの映像とともに、ペルーのDFレナト・タピア(フェイエノールト)のコメントを紹介している。

 

「最後の5分間、コロンビアの選手たちが我々に持ちかけてきた。彼らは他の試合の状況を知っていたんだ。だから、我々に必要な試合結果にしようと。ラダメルは僕に『どちらにとっても良い状態だ』と言ってきた。しかし、これはフットボール。我々は勝つためにプレーした」

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト