Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ  |  海外所属選手

2017.09.11 (Mon)

伊紙が「背番号10のトップ下」柴崎に注目 48億円の“お値打ち軍団”ヘタフェを特集


リーガ第3節を終えて10位 市場価値はレアルの約20分の1と紹介

 

 今季リーガ・エスパニョーラ1部に昇格したヘタフェは、リーグ戦3試合を終えて1勝1分1敗の10位につけている。チーム全員の市場価値が3670万ユーロ(約48億円)で、王者レアル・マドリードの約20分の1と算出されている“お値打ち軍団”にイタリアメディアも注目。今季新加入の柴崎は「日本人のトレクァルティスタ」と、その司令塔ぶりが紹介されている。

 

「アランバリ、ウルグアイU-20からリーガの洗礼へ」と特集したのは、イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」。ウルグアイのボストン・リバーから期限付き移籍中のMFマウロ・アランバリは、リーガの舞台で躍動。3試合1ゴールと結果も出しており、昨季2部を戦ったチームの主軸を担う一人となっている。

 

 記事によると、ヘタフェは人件費に制限を持ち、現在のメンバーの合計評価額はわずか3670万ユーロだという。昨季リーガとUEFAチャンピオンズリーグの二冠を獲得したレアル・マドリードの評価額7億5000万ユーロ(約976億円)と比較して、約20分の1に過ぎない。第2節では強豪セビージャに0-1と惜敗したが、無名の“お値打ち軍団”は1部残留という目標に向かって順調な船出を果たしている。

 

 そんなヘタフェを、同紙は興味深い集団として紹介しており、アランバリとともに筆頭として挙げられたのが柴崎だった。

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト