Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ  |  移籍情報

2017.05.19 (Fri)

モナコ、18歳FWへの93億円オファーを門前払い クロップ率いるリバプールが獲得試みるも…


モナコ首脳陣はムバッペの意志を尊重も、移籍金を123億円以上に設定

 

 今シーズンの欧州サッカーで最も自らの価値を高めた選手と言えばモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペだが、ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールからの“93億円オファー”を門前払いにしたとスペイン紙「マルカ」が報じている。

 

 モナコにとって1999-2000シーズン以来となるリーグ・アン制覇、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)4強進出の立役者となったのは18歳のFWムバッペだった。今シーズンは公式戦43試合に出場し、26ゴール14アシストをマーク。計40得点に絡む働きぶりには各国のメガクラブの熱視線を送っている。

 

 そのなかでかねてより興味を強めているのはリバプールだ。若手育成にも定評があるクロップ監督の下、久々のCL出場も視界に捉えていることもあり、ムバッペ獲得を目論み7500万ユーロ(約93億)のオファーを提示した。しかし、クラブ首脳陣側に手放すつもりはない模様で、クラブの副会長であるバディム・バシリエフ氏は「カナルプラス」で以下のように話している。

 

「我々は(彼が残留するために)可能なこと全てを試みる。全ては選手の意思にゆだねられることになるけどね」

 

 最終的にはムバッペの意向を尊重するものの、現時点での移籍は時期尚早と考えているようだ。モナコ側も1億ユーロ(123億円)以上の移籍金を設定しており、ムバッペの流出対策を講じている。それでも一気に名が知られることになった新星ストライカーには天文学的なオファーを送るクラブが次々と現れそうだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト