Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ  |  海外所属選手

2017.05.14 (Sun)

トップ下でフル出場のテネリフェ柴崎を現地紙高評価 「彼のパスは特別な贈り物」「次元違う」


3試合連続フル出場を果たした柴崎 先制点演出でゲームメーク力を各紙称賛

 

 テネリフェのMF柴崎岳は現地時間15日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部第38節ウエスカ戦で3試合連続となる先発フル出場を果たした。試合は終了間際の失点で2-2の引き分けに終わったものの、現地紙の評価・寸評では高い評価を与えられている。

 

 トップ下の位置でキックオフの笛を聞いた柴崎は前半3分、ハーフラインやや右辺りでボールを持った柴崎のパスに抜け出たFWロサーノが右サイドを突破し、45度の位置から思い切り良くシュートを放つ。相手GKはクロスを警戒していたのか反応が遅れるとニアサイドを破り、幸先良く1-0と先制した。

 

 その後テネリフェは同24分にロサーノがこの日2点目を奪い試合の主導権を握ったかに見えたが、後半30分にセットプレーから1点を返されると、同42分にはPKを献上し同点に追いつかれる痛恨の引き分けとなった。「デポルプレス」紙では先制ゴールのシーンに触れてこう寸評している。

 

「彼のフィジカル面は常に向上し続けている。彼のパスは特別な贈り物で、彼のスパイクを通じてすべてのボールがパスとしてつながっていく。彼は長い時間試合に関与し続けた」

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >