Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内  |  日本代表

2017.05.13 (Sat)

中村俊輔がU-20W杯に挑む日本代表を激励 「胸が熱くなった」と目を輝かせた選手も


磐田との練習試合前にU-20日本代表のもとを訪れる

 

 20日開幕のU-20ワールドカップ韓国大会に出場する日本代表の逸材たちにとっては、最高のサプライズになったようだ。

 

 12日の17時30分からジュビロ磐田とトレーニングマッチを行ったU-20日本代表だが、キックオフの約1時間前に嬉しいサプライズがあった。今季から磐田でプレーする元日本代表MF中村俊輔が選手たちのもとを訪れ、自らの体験談を語り激励した。

 

 中村は桐光学園高から横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に加入したプロ1年目の1997年、マレーシアで開催されたワールドユース選手権(現U-20W杯)に参戦。山本昌邦監督が率いるチームではMF大野敏隆とダブル司令塔を組み、攻撃を牽引。柳沢敦、永井雄一郎という強力な2トップにスルーパスを次々と通し、ゲームをコントロールした。グループリーグはスペイン戦1-2、コスタリカ戦6-2、パラグアイ戦3-3で2位突破。ラウンド16でオーストラリアに1-0で勝利するも、準々決勝では延長戦の末にガーナに1-2と敗戦。中村は5試合にフル出場し、コスタリカ戦で1ゴールするなど日本の2大会連続ベスト8に貢献し、その後の進化の足がかりをつかんだ。

 

 2007年途中から約1年間にわたって磐田を指揮した内山篤監督が、現在のU-20日本代表を率いている経緯から、中村は激励の依頼を受けて快諾したというが、知らされていなかった選手にとっては嬉しい驚きとなったようだ。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト