SCHEDULE

プレミアリーグ 第23節 1月14日(日)~16日(火)

チェルシー-レスター
パレス-バーンリー
ハダーズフィールド-ウェストハム

ニューカッスル-スウォンジー
ワトフォード-サウサンプトン
WBA-ブライトン

トットナム-エバートン
ボーンマス-アーセナル 

リバプール-マンC
マンU-ストーク

最新FIFAランク発表! 順位変動少なく日本は44位 アジア勢で28位イラン、43位韓国に次ぐ3番手

世界トップ20の顔ぶれも変動なし ブラジルが2カ月連続の1位

 国際サッカー連盟(FIFA)は4日、最新のFIFAランキングを発表した。

【関連記事】最新FIFAランキング「世界TOP20」&「アジアTOP20」(2017年5月4日発表)

 4月6日の前回発表以降は国際Aマッチが組まれなかったため、全体的に順位変動はほとんどなかった。日本は前回に7ランクアップとなった44位の座をキープ。アジア勢では28位のイラン、43位の韓国に次ぐ3番手と変わらなかった。ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループBを戦う国のなかでは最上位で、W杯出場権を争うオーストラリアは50位でアジア4番手、サウジアラビアは52位で同5番手と、いずれも順位変動はなかった。

 世界の上位20カ国も変動なく、ロシアW杯出場を決めているブラジルが前回奪った1位の座を維持。以下アルゼンチン、ドイツ、チリ、コロンビアがトップ5と、南米勢4カ国が上位を占める状況は変わらなかった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ランキング