Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内

2017.04.30 (Sun)

J2徳島がボールボーイに対するDFの暴力行為とサポーターの液体かけを謝罪 「厳正な処分を科す」


アウェー千葉戦で起きた二つの「あってはならない行為」のお詫び文を公式サイトに掲載

 

 J2の徳島ヴォルティスは30日、前日に敵地フクダ電子アリーナで行われた第10節ジェフユナイテッド千葉戦(0-2)でのトラブルについて、クラブ公式サイト上でお詫び文を掲載した。

 

「4月29日の試合における事象に関するお詫び」として掲載された文章では、千葉戦の前半14分に徳島ボールのスローインとなった際、DF馬渡和彰がボールボーイを小突く非紳士的行為を行い一発退場となった件と、試合後にアウェー側スタンドの徳島サポーターから別のボールボーイに、「水と思われる液体をかける行為」があったことをクラブとして確認したと発表している。

 

 敵地で起きた二つの事象について謝罪をしたうえで、今後の対応については「馬渡選手に関しましては、Jリーグ規律委員会の処分確定後にクラブとしての処分もあわせて決定し、報告させていただきます」「スタンドからの行為につきましては、現状では行為者の特定には至っておりません。行為者の特定が完了次第、運営管理規定に則った処分等を決定し、報告させていただきます」と記している。

 

 お詫び文には、岸田一宏社長のコメントも掲載。いずれの件も「あってはならない行為」としたうえで、「厳正なる処分を科す」とした。今後処分が確定次第、報告されるという。

 

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

<  前の記事 次の記事  >