Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内

2017.04.21 (Fri)

“天才”小野伸二と「一緒にプレーできたことは誇り」 浦和MFが語る盟友との固い絆


平川にとって無二の親友であり「スーパープレーヤー」 札幌の一員として古巣浦和と激突へ

 

 コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二は、22日のリーグ第8節で古巣の浦和レッズと埼玉スタジアムで対戦する。小野と同郷であり清水商業高校(当時)でもチームメートで、浦和でも共にプレーした同じ1979年生まれのMF平川忠亮が、改めて無二の親友である小野について「一緒にプレーできたことを誇りに思う選手」と語っている。

 

 小野は1998年に浦和に加入すると、すぐに主力として君臨。その年の6月に開催されたフランス・ワールドカップにも最年少で出場した。平川は筑波大学に進み、ユニバーシアード日本代表の主将も務めると2002年に浦和へ加入。しかし、その当時小野はフェイエノールト(オランダ)に移籍しており、ともにプレーしたのは2006年と07年の2シーズンだったが、リーグ優勝、そしてAFCチャンピオンズリーグ制覇を果たした当時のチームにおいても、絶大な存在感があったと話している。

 

「伸二は小さい頃から知っていたし、同級生だけど、常に引っ張っていってくれる存在だった。稀なスーパープレーヤーですよね。当時のレッズはチームのメンバーも充実していて、誰が出ても優勝するチームだったと思うけど、その中でも一際目立つプレーヤーだったと思います。やっぱり、あのタイトルも伸二がいたからこそ、というのがあると思いますよ。一緒にプレーできたことを誇りに思う選手です」

 

 

 

1 2 3

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト