Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ  |  海外所属選手

2017.04.21 (Fri)

評価一変の香川とシャヒン、ドルトムント残留へ 「放出危機」から「契約延長」と独メディア特集


今季出番の少なかったクリエイティブな2人は終盤に立場を急転

 

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは現地時間19日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝モナコとの第2戦に1-3で完敗、合計スコア3-6で敗退が決まった。第1戦で1得点1アシストと大活躍だった香川は奮闘実らずとなったが、終盤戦の無双ぶりからトルコ代表の天才司令塔とともに評価一変。前半戦のベンチ要員という放出危機から一転、契約延長を手にする可能性が高まっている。ドイツ移籍専門メディア「フスバル・トランスファーズ」が特集している。

 

「新契約。シャヒンと香川が残留へ」

 

 記事では香川とトルコ代表MFヌリ・シャヒンがドルトムントに残留する方針を明らかにしている。トーマス・トゥヘル政権で今季出番の少なかったクリエイティブな2人は終盤戦に立場を急変させたと言う。

 

「シャヒンはチームで偉大な立場にいる。親しみやすい性格で、凄まじい自信の持ち主でもある。これが、このレベルですぐに彼の仕事ぶりの助けになっている」

 

 トゥヘル監督は故障などで出番を失っていたシャヒンについてこう語っている。そして、香川も同様に評価を高めているという。

 

 

 

1 2 3

<  前の記事 次の記事  >