Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ

2017.04.04 (Tue)

モイーズ監督による女性レポーター恫喝が発覚 「熱くなった瞬間だった」と謝罪する羽目に


モイーズ発言をBBC女性レポーターの同僚が問題視 指揮官は謝罪を余儀なくされる

 

 サンダーランドのデイビッド・モイーズ監督が3月18日のプレミアリーグ第29節本拠地バーンリー戦後、女性レポーターの質問に対して「君が女性でも平手打ちを食らうかもしれない」と恫喝する事件を起こしていたことが発覚した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 

メッシ、C・ロナウド、ポグバら世界最高峰のプレーをチェック! スポナビライブでプレミア&リーガ全試合ライブ配信中【PR

 

 0-0ドローに終わった試合後、モイーズ監督は英公共放送BBCの女性リポーターのヴィッキー・スパークスさんの「オーナーが来場すれば、大きなプレッシャーになるか?」という質問にブチ切れたという。「いや全く」と語ったところで放送は終わったが、テレビカメラが止まった時点で“恫喝”めいたコメントを発していたという。

 

「(インタビューが)徐々に不躾になってきたな。君が女性でも平手打ちを食らうかもしれない。次に来る時は気をつけるんだ」

 

 笑顔を浮かべながらの会話だったというが、スパークスさんの同僚がモイーズ発言を問題視。指揮官は電話で謝罪する羽目になったという。

 

 そして、記者会見でも謝罪を余儀なくされた。「あれは熱くなった瞬間だった。自分のコメントには深く反省している。私らしくなかったし、間違いを受け入れないといけない。 BBCの記者とは話をして、謝罪を受け入れてくれた。この話題から先に進めればいいと思う」と指揮官は語った。

 

 2013年シーズンにマンチェスター・ユナイテッドを率い、当時日本代表MF香川真司を指導したが、独特のロングボールとクロスを多用する戦術は批判の対象となり、成績不振を理由に解任された。そこからレアル・ソシエダで解任され、サンダーランドでも今季最下位に沈んでいる。

 

エバートン時代には手腕を評価されたモイーズ氏だが、苦しみのキャリアを送っている。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

<  前の記事 次の記事  >