Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ  |  海外所属選手

2017.04.04 (Tue)

「セリエA歴代アジア人選手」を伊メディア特集 カズ、中田、俊輔、本田ら日本は最多10人


俊輔は「エレガントな左足FKを持つ」

 

 

 また、現在はジュビロ磐田の監督を務めるMF名波浩も、ヴェネツィアで1シーズンプレーしている。「ザンパリーニ(当時のヴェネツィア会長)は、“2人目の中田”を求めて獲得した。24試合で1ゴールだが、彼は魔法の左足を持つアシストマンだった」と紹介された。

 

 そして、今季からその名波監督の下でプレーしているMF中村俊輔(現磐田)もまた、ヨーロッパでのキャリアをイタリアでスタートさせた。レッジーナでプレーした中村は「驚異的でエレガントな左足フリーキックを持つ、レッジーナのトップ下。3年間で80試合11ゴール。セルティックに移籍した後にUEFAチャンピオンズリーグでの日本人初ゴールの伝説を残した」と、その左足の威力が懐かしまれている。

 

 また、鹿島アントラーズからサンプドリアに移籍したFW柳沢敦は「ちょっと残念だった存在」と、プレーは厳しく評価された。「イタリアでは記憶に残るものを残せなかったプレーヤー。15試合でノーゴールと、失望だけで去っていった」とされた。また、同じく鹿島からメッシーナに移籍したMF小笠原満男も「幸運には恵まれなかった。6試合で1ゴールを挙げたが、それだけしかない」と、印象的なプレーがなかったとされた。

 

 ストライカーでは、FW大黒将志(現京都サンガF.C.)はトリノでプレーした。「トリノで10試合に出場しただけで、失望を残した。だがマーケティングでは重要な意味があった」と、プレー面ではインパクトを残せなかったとされた。

 

 一方で、カターニャなどでプレーしたFW森本貴幸(現川崎フロンターレ)は「シチリア(カターニャの本拠地)で発見されたストライカーは、ユベントス、ナポリ、ローマからゴールを決めてチームを満足させた」として、強豪チームから得点を決めたことが高く評価されている。

 

 

 

1 2 3

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト